2009年08月13日

[DEC]丹沢から発信する環境学習

みなさんこんにちは!
DEC委員のルイです。

2009/08/08(はっぱの日!)に行われました、
「丹沢から発信する環境学習」のイベントに行ってきましたので、
情報共有しますね。

当日は3部構成+質疑応答で
--------------------------------------
1昔の丹沢 今の丹沢 これからの丹沢
2自然環境に興味をもつために
 植物図鑑のつくりかた 〜実習〜
3環境問題を考える
 CO2吸収量の計算のしかた 〜実習〜
質疑応答
--------------------------------------

共有すべき記事のメモとして
1が最も重要なので、2・3については省略します。
知りたい方は個別にご連絡ください。

結論から言うと、
@活動すべきフィールドエリアを決定する
Aコラボレーションを持てる団体と目的を共有する
B実践する

になります。

有力な案としては、「木材の利用」という観点が
抽出されましたが、経済的な話に発展しやすい側面なので
そのほかの案を模索してみようと考えています。

-------------------------------------------------------
1昔の丹沢 今の丹沢 これからの丹沢
-------------------------------------------------------
 ・自然生態系が破壊されている。
 ・少しずつおかしくなってきたのは1980年代。
 ・責任を持って取り組んできたのは神奈川県
  ただし、自然再生というケースに行政だけがやればいい
  という考えは時代に合わない
 ・市民の特徴を出して県民参加を目指した
  再生のスタートを切りたいと考えている
 ・いろんな主体の方が関わり横並びで考え、
  結果を評価していこうと動いている。
「個人的な意見」
→地域の若手主体として、どのように関わっていくかを
 真剣に考える必要がある
-------------------------------------------------------
 現状の問題点
-------------------------------------------------------
 ・尾根筋のブナの立ち枯れ
 ・ごみ問題
 ・シカの食害&痩せこけたシカ
 ・山小屋の放棄
 ・人工林放棄による下層植生の消滅土壌流出
「個人的な意見」
→僕らは山の恵みを受けてきた。
 自然のしくみを知らない・考慮しないでの放棄は許されない。
 @現状を理解すること
 A心ある活動者と交流すること
 Bなにができるか知恵を出し合うこと
 C継続できるという事前条件のもと
  自身の生活を見直す実践をすること
 が重要だと考えました。
-------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------
質疑応答
(Q:私(ルイ)の質問、A:講演者の回答、C:私のコメント)
-------------------------------------------------------
時間が少なかったので、真っ先に挙手して3つ質問を
してきました。
-------------------------------------------------------
Q:人工林の再生について
-------------------------------------------------------
 →林業従事者の確保のほか、わが国の木材消費という観点での
  地産地消という付加価値をつけた消費促進を考えないといけない  消費という観点から有効な利用方法は
  どのようなものを考えていますでしょうか?

A:なくて困っている。
C:では、一緒に考えていきたいでです。
  よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------
Q:樹木の名前を覚える目的について
-------------------------------------------------------
 樹木の名前を覚えるというきっかけを
 もつことによってどうなってほしいという願いがありますか?
 これらを推奨する背景に潜む問題はなにか?を知りたいです。
 ・樹木観察というのは樹木の名前・特徴を覚えるための手段
 ・名前・特徴を覚えるというのはなんのための手段なのか?
A:理数離れ、動植物を通じて、
  自然に対する観点をもつ種まきとして考えている
C:ちいさなころの原体験を与え、
  知育という観点からの自然フィールドでの学習向上意欲が
  ねらいですね。

-------------------------------------------------------
Q:樹木のCO2吸収量算定方法について
-------------------------------------------------------
 A(半径)×A×A×0.2 の式についてですが、樹木を円錐状と想定して
 利用する式ということなので、垂直方向の半径の選定により、
 結果が変わってしまいますが、どこをとればよいですか?

A:こどもにやらせるのであれば根元の直径をとるとよいでしょう。
  (普通は胸高直径なのですが)
C:なるほど。比較ができるということは学習で重要ですね。
posted by 相模原ローターアクトクラブ at 13:20| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 2780地区のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DEC委員の皆様

シンポジウムの参加お疲れ様でした。
ルイ君報告ありがとうございます。

今回は参加出来ませんでしたが
今後の活動は2780地区のアクターとして
関わっていきますので宜しくです。

地区としてDEC活動を盛り上げていきましょう♪
Posted by なっち at 2009年08月14日 12:21
シンポジウムに参加された方々、お疲れ様でした。
そしてルイDEC委員、情報展開ありがとうございます!
参加出来なかったメンバーにも是非興味を持って頂きたいと思っています。
色々な活動を行うのも重要ですが、
日々の生活の中でも意識をしていかないといけない点が多々ありますよね。
今の私達は情報を「受信する側」にいると思いますが、
今後は「発信する側」になって、活動をしていかないといけませんね。
課題はとても多いと思いますが、少しでも改善をしていきましょう!
Posted by たっくんちょ at 2009年08月20日 09:51
おおっ!今気がついた!

>(敢えて)フッキー
報告をありがとう!
今後いろいろと進めていこうぜい!
まずは県庁へGOだね!
Posted by のむさん at 2009年08月21日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。